次女(5歳)にうんこドリルをやってみた。 先取りの可否は、本人の意思があってから

やまげ 次女の絵育児

この記事でわかること

・うんこドリルはすんばらしい。

・子供に合わせて、先取りを抑える必要がある

・先取りの可否は、本人の意思があって。(でも誘導はする)

5歳次女とうんこドリルをやってみた

うんこドリルをやっておりました。

うんこドリル たしざん 4歳〜5歳 です。

週1回やるか、やらないか、これは次女が決めること。

まだまだ、数字がおかしなことになっていますが、、、、

ワ →  7

P →   9

字の練習ではないので、字の正誤はあまり気にしていません。

足し算の概念を理解してもらっていたので、理解していれば、基本的に丸。

足し算が間違えていても、数え直してもらったり、一緒に数えたりと、

ほぼ答えを教えるようなこともしたりします。

自分から「やる」と言わせる。でも勉強という言葉は禁止。

私自身がやりなさい、とは言わず。やってもらえるようにアレコレ、策を練ります。

来年から小学校の次女は、学校でやることは未知ながら、興味を持っております。

「学校でこのうんこドリルみたいなの、やるよ」

「やったら、学校が楽しくなるよ」

「姉ちゃんも同じようなことをやっていたよ」

“勉強”という言葉を極力使わずに、促します。

“勉強”はしていない、うんこドリルをやっている、と頑張って思わせます。

姉(10歳)との違いで方針を変えていく

長女の場合、

“理解が速い” いわゆる “頭の回転が早い” タイプと周りから言われておりました。

(自分の子供を褒めちぎるのは、こっ恥ずかしいのですが、、、)

そのため、先取りの必要性はあまり感じず(後から、何とかなるでしょ)、

保育園時代に、うんこドリルのような小学校先取り学習はしませんでした。

小学校1年生から、必ず20分以上、毎日(年末年始関係なく)継続していきました。

長女の小学校1年生の時の、赤ペンの提出状況です。

次女の場合、

“理解は速い”といわれたことはなく、

逆に独創的な作品を沢山生み出すことが多いです。

やまげ家 on Instagram: "次女5歳に、昼寝用にアイマスクを渡したら、違う人が着けてました。。 #やまげ #ゆるい #アンパンマン"
1 likes, 0 comments - yamage_ke on September 24, 2022: "次女5歳に、昼寝用にアイマスクを渡したら、違う人が着けてました。。..."
やまげ家 on Instagram
次女5歳作品: 温泉♨️

 

こだわりも強く、Switch ではなく、今だにWiiで遊んでいます。

やまげ家 on Instagram: "次女はもう5歳だけど、まだアンパンマンに夢中。しかもWii。。 台風が避けるよう、アンパンマン音頭中。"
0 likes, 0 comments - yamage_ke on September 23, 2022: "次女はもう5歳だけど、まだアンパンマンに夢中。しかもWii。。 台風が�..."

本人がやりたいことだけ。やりたくないことはやらなくて良い

私自身の学習指針は、

「とりあえずのなりたい職業を定めて、そちらに走るです。途中変更もあり」

です。

次女にどんな仕事してみたい?と聞くと、

先週は、

「飛行機の中のお姉さん〜」 (CAのこと)

先々週は、

「保育園の先生〜」

先月は、

「看護士さん〜」

と、かなり移り気です。まあ、この年代は当たり前ですね。

大人になってこの移り気は、ポンコツの烙印を押されますですが、

子供の時代には、むしろ良き姿、興味が多方に向いている良き傾向です。

特に決まっていない状態では、

・英語  (といっても、英語教室とかは行かない)

・数学 (といっても、くもんとかは行かない)

を進めていくスタンスにしています。

しかも、本人がやると自分で行った場合のみ、学習する。ただ、それだけ。

もし、やらない〜、と言っても焦らない。

ぬりえとか、えんぴつを持ってもらうだけでもOK。

そんな、学習でもゆるゆる、普段通り無理せずで。

長女(10歳)・次女(5歳) 将来使う知恵のフックをつけて貰えばいいなあと思っております。

 

タイトルとURLをコピーしました