ダイソンDyson V8 Fluffy+を詳細に口コミレビュー&評価します!

家電
スポンサーリンク

次に掃除機を買うなら絶対ダイソン!
と決めていた我が家。

でも、いざお店に行くと型番がたくさんあってどれが良いやらサッパリ( ;∀;)

そこで、店員さんに聞いた超簡単な選び方や違いを
ご紹介しますね。

そして我が家が購入したDyson V8 Fluffy+
を超詳細にレビューさせて頂きます!

ダイソンV8シリーズは

  • 「Dyson V8 Fluffy」
  • 「Dyson V8 Fluffy+」
  • 「Dyson V8 Absolute」
  • 「Dyson V8 Absolute+」
  • 「Dyson V8 Animalpro」

この5種類ですが、実は本体はすべて同じものです。

 

「V8」と言うのはモーターの名前で、
違いはヘッドクリーナーや付属品がどれがついて来るのか、
という事なんです^^

 

どのヘッドクリーナーや付属品が自分に必要なのか。
これも選び方は超簡単!

V8シリーズのヘッドクリーナーのバリエーション

ヘッドクリーナーのバリエーションは2種類。

  • ソフトローラークリーナーヘッド
  • ダイレクトドライブクリーナーヘッド

毛の抜けやすいペットを飼っているご家庭、
髪の長い方がいて、カーペットに絡まって掃除が大変!

そんな方は『ダイレクトドライブクリーナーヘッド』がオススメです。

ダイレクトドライブクリーナーヘッドが付属してくるのは、この品番。

  • 「Dyson V8 Absolute」
  • 「Dyson V8 Absolute+」
  • 「Dyson V8 Animalpro」

そうでない、普通に掃除が出来ればいいよーと言う方は、
『ソフトローラークリーナーヘッド』を選べばOKです^^

ソフトクリーナーヘッドが付属してくるのは、この品番。

  • 「Dyson V8 Fluffy」
  • 「Dyson V8 Fluffy+」
  • 「Dyson V8 Absolute」
  • 「Dyson V8 Absolute+」

 

つまり、Fluffyシリーズはソフトクリーナーヘッドが付いてきて、
Animalproはダイレクトドライブクリーナーヘッド。
Absoluteシリーズはどっちもついて来るよーって事です。

付属品の選び方は?

dyson V8 fluffy  SV10FF2

これが一番基本の型。

ただ普通に掃除が出来ればいいや!って方はこれ。

付属品
・fluffyヘッド(ソフトローラーヘッド)
・基本付属品セット(隙間ノズル、コンビネーションノズル、ミニモーターヘッド、アップトップアダプタ、収納ブラケット)

 

dyson V8 fluffy plus SV10FFCOM2

これは基本の型に布団ノズル、延長ホース、ハードブラシがプラスされたものです。

ハードブラシと言うのは、窓のサッシとか、お風呂場の扉の溝とか、
水分を含んでしまって落としにくい汚れを掻きだして吸い込むのに最適!

布団ノズルはその名の通り布団の埃やダニの死骸を吸い込むためのもの。

延長ホースは、家具の隙間を掃除したいときに、
隙間ノズルではあとちょっと長さが足りない…。
というときに活躍してくれます。

内容
・フラフィーヘッド
・基本付属品セット(隙間ノズル、コンビネーションノズル、ミニモーターヘッド、アップトップアダプタ、収納ブラケット)
・布団ノズル
・延長ホース
・ハードブラシ

dyson V8 animalpro SV10ANCOM2

ヘッドが違うだけで、付属品は『dyson V8 fluffy plus SV10FFCOM2』と同じです。

ペットの毛や長い髪の毛は確かにfluffy plusでは楽々吸える感じではないので、
本当に毛の掃除に悩んでいる人は、こっちの方が良いですね。
(何往復かすればfluffy plusでも吸えなくはないけど…。)

内容

・ダイレクトドライブヘッド
・基本付属品セット(隙間ノズル、コンビネーションノズル、ミニモーターヘッド、アップトップアダプタ、収納ブラケット)
・布団ノズル
・延長ホース
・ハードブラシ

dyson V8 Absolute SV10ABL2

これはヘッドも付属品も全部付いたタイプ。

どっちにしたらいいのか決められない人はこれにすれば後悔はないです^^

内容
・フラフィーヘッド
・ダイレクトドライブヘッド
・基本付属品セット
・布団ノズル
・延長ホース
・ハードブラシ

 

我が家は犬を飼っていますが、トイプードルで抜け毛が少ないので、
ソフトローラークリーナーヘッドの「Dyson V8 Fluffy+」をチョイス。

(これが一番人気で売れてるそうですよー^^)

ダイソン Dyson V8 Fluffy+ サイクロン式 コードレス掃除機 SV10FFCOM2 アイアン 2017年モデル 【新品/メーカー2年保証】
価格:59673円(税込、送料無料) (2018/4/14時点)

ダイソンDyson V8 Fluffy+を詳細に口コミレビュー!

それでは早速ダイソン V8 Fluffy+をご紹介しますねー^^

結論から言うと、めちゃくちゃ掃除の幅が広がって、
本当に買って良かったです!

 

今回は楽天市場の中のダイソン公式ショップを利用したのですが、
私が購入したタイミングでは、公式ショップが最安値でした。

商品は段ボールではなくこちらの箱の状態で届いたので、
思ったよりコンパクトでした。

特に箱に傷などもナシ。

 

箱を開けるとあれこれ付属品がギッシリ!
「これ、全部使いこなせるかなー( ;∀;)」
とやや不安になりましたが、説明書で一つずつ見ていくと、
使い道さえ分かれば結構簡単♪

 

 

モーター以外のツールを並べてみました。

1、布団ツール…布団の埃やハウスダストを吸い取ってくれる。

2、アップトップアダプター…エアコンの上など、手の届きにくい場所の掃除に。

3、ハードブラシ…玄関の砂ぼこり、こびりついたサッシの汚れに。

4、コンビネーションノズル…凹凸のある場所の埃を払いながら吸い取れる。我が家では音響機器のつまみとか。

5、フラフィーヘッド…メインのヘッド。大きいゴミも小さいゴミも同時に吸い取ってくれる。

6、ミニモーターヘッド…車内の掃除とか、ソファーの掃除に便利。ハンディーとして使う時はこれメイン。

7、延長ホース…家具の隙間などのモーター部分が邪魔で届かないところの掃除に。

8、隙間ノズル…ちょっとした隙間の掃除に便利。

9、収納ブラケット…壁に取り付けてスッキリ収納できる。(我が家は賃貸なので使えないけど( ;∀;)

10、パイプ…ノーマルな床掃除のときにヘッドとセットで使います。

 

まず、私が一番使いたかった布団ツール!
小さい子供がいるので、布団の埃が気になってたんです。

レイコップも使ったことはあるんだけど、
専用掃除機よりはやや吸いにくさはあるけど、埃はしっかり取れていました。

 

 

続いて子供のお菓子の食べこぼしが気になっていたソファーのクッションの下!
※めちゃくちゃ汚くてスミマセン。

ここはミニモーターヘッドが使いやすかったです!

 

 

こんなにきれいサッパリ!!
爽快です!!

 

 

今までの掃除機では綺麗に吸い込めなくて、結局最後には粘着テープが必要だったんですが、
ダイソンで掃除すれば全く必要なしです♪

隅の方の埃はミニモーターヘッドでは取り切れないので、
隙間ノズルと組み合わせて使えば完璧でした^^

 

メインのヘッドも、軽々床掃除が出来て快適です。

口コミでは「重い」という声も見ますが、
私にとっては以前に使っていた掃除機の方がもっと重かったので、
むしろ軽々掃除出来て助かっています^^

 

タイトルとURLをコピーしました